島田英昭の研究業績

学術論文の本文をご希望の場合、お気軽にご請求ください。

学術論文

  1. 加藤基・島田英昭 (2017). 小集団における集団統制・維持行動が集団効力感に与える影響.信州心理臨床紀要, 16, xx-xx.
  2. 山内藍雅・島田英昭 (2017). カードゲーム化によるカテゴリー教材の学習ー絵画教材の学習事例と動機づけの評価ー.信州大学教育学部研究論集, 10, 91-103.
  3. 島田英昭・平野友朗 (2016). 行間と箇条書きがメールの読解プロセスに与える影響―視線計測による検討―.日本教育工学会論文誌, 40(Suppl.), 5-8.
  4. 島田英昭 (2016). 教材の構成要素が読解への動機づけに与える影響.教育心理学研究, 64(3), 296-306.
  5. 秋元雄喜・島田英昭 (2016). アイデアの制約状態の遷移に注目した創造プロセスのモデル化.信州心理臨床紀要, 15, 1-11.
  6. Shimada, K., Shimada, H., Moriyama, J. & Yamada, K. (2015). The factors that influence technical high school students' self-concept based on their Learning goal orientation. Journal of Asian Vocational Education and Training, 8, 36-44.
  7. 島田英昭 (2015). 説明文におけるテキストと挿絵の関連性が読解初期の動機づけに及ぼす影響.日本教育工学会論文誌, 39(Suppl.), 61-64.
  8. 島田英昭 (2015). eラーニングとグループディスカッションを取り入れたマスプロ授業のアクティブ化.長野県国語国文学会研究紀要, 11, 140-147.
  9. 邉田卓馬・島田英昭 (2015). 共感的喜びと妬みの時間特性―二重過程理論による検討―.信州心理臨床紀要, 14, 13-24.論文修正箇所.pdf
  10. 小林文・島田英昭 (2014). 乳幼児を持つ親に対する子育て支援事業参加への動機づけを高める広報手法―二重過程理論に基づく検討―.信州心理臨床紀要, 13, 37-48.
  11. 門田浩友紀・島田英昭 (2014). 家庭と幼稚園における育児サポートの期待要因と代替可能性.信州心理臨床紀要, 13, 97-112.
  12. 湯山香織・島田英昭 (2014). あいまいさ耐性が友人関係場面における自己効力感に及ぼす影響.信州心理臨床紀要, 13, 127-136.
  13. 湯山香織・島田英昭 (2014). 対人情報のカテゴリー化プロセスにおけるあいまいさ耐性の影響.信州心理臨床紀要, 13, 137-152.
  14. Mizuguchi, T., Shimada, H., Sugimura, R., & Deguchi, T. (2014). Children's imitation is not always goal-directed: evidence from goal clarification task. Symbiosis Open Access Journal of Psychology, 1(2), 1-6.
  15. 石澤亜耶乃・島田英昭 (2014). ワーキングメモリの負荷が共感的反応に及ぼす影響―二重過程理論に基づく検討―. 認知科学, 21, 245-253.
  16. 島田英昭・伊藤冬樹 (2013). 教員養成系大学生の理科専門知識の必要性に関する信念の評価. 信州大学教育学部研究論集, 6, 153-160.
  17. 山下貴・島田英昭 (2013). 非連続型テキストを含む説明文の読解におけるテキストベースと状況モデルの構築過程の比較―視線計測による検討―. 信州心理臨床紀要, 12, 81-87.
  18. 木内美恵子・島田英昭 (2012). 教員養成課程における臨床経験科目が教職志望意識に与える影響―半構造化面接と時系列的分析による検討―. 信州大学教育学部附属教育実践総合センター紀要, 13, 31-40.
  19. 島田英昭 (2012). 教授・学習場面における概数値の適切な提示精度.日本教育工学会論文誌, 36(Suppl.), 121-124.
  20. 金井郁子・島田英昭 (2012). 医療に対する利益とコストの認知が受診行動に及ぼす影響. 信州心理臨床紀要, 11, 1-9.
  21. 黒澤春香・村松浩幸・島田英昭 (2012). 環境および環境教育に対する意識尺度の開発.信州大学教育学部研究論集, 5, 1-13.
  22. Shimada, K., Moriyama, J. & Shimada, H. (2011). Role of the students' self-concept for their career consciousness in Japanese technical high school: Case study of a longitudinal design in 12th grade students. Journal of Asian Vocational Education and Training, 4, 13-22.
  23. 島田英昭・寺尾厚志・鈴木俊太郎・田中敏 (2011). 携帯読書端末の文字サイズと読みやすさ・わかりやすさの関係―拡大縮小機能の利用頻度に着目した検討―.日本教育工学会論文誌, 35(Suppl.), 45-49.
  24. 小出千広・島田英昭 (2011). 対自己―対社会的自殺観モデルに基づく自殺予防のアプローチ. 信州心理臨床紀要, 10, 35-42.
  25. 島田英昭・林靖人 (2011). 地域名の付加が地域ブランド商品の購買意欲に与える影響. 地域活性研究, 2, 25-32.
  26. 島田英昭・北島宗雄・奈良雅子 (2011). 日常生活の時空間的情報を利用した防災教材. 信州大学教育学部研究論集, 4, 139-144.
  27. 島田英昭・荷方邦夫・鈴木俊太郎 (2011). SD法を用いた授業満足度の感性評価. 信州大学教育学部研究論集, 4, 39-46.
  28. 鈴木俊太郎・島田英昭・荷方邦夫・田中敏・上村惠津子 (2011). 信州大学教育学部における授業評価要因の検討. 信州大学教育学部研究論集, 4, 87-97.
  29. 島田英昭・北島宗雄 (2010). マルチメディアマニュアルにおける視覚的手がかりの提示タイミングと分かりやすさの関係. 日本教育工学会論文誌, 34(Suppl.), 13-16.
  30. 島田英昭・北島宗雄・奈良雅子 (2010). マルチメディアマニュアル作成・提示システムSMMAPSの開発と評価. 信州大学教育学部研究論集, 3, 51-64.
  31. 島田英昭・森川治・北島宗雄 (2010). VARAMM―遠隔対話のメンタルモデル―. 信州大学教育学部研究論集, 3, 65-78.
  32. 島田英昭 (2010). 日常の数の大小比較における概数処理の範囲. 心理学研究, 81(2), 97-104.
  33. 松枝れい・島田英昭 (2010). 対人的自己効力感を向上させるプログラムの開発. 信州心理臨床紀要, 9, 33-38.
  34. 島田英昭 (2009). 予測的確率情報が防災マニュアルの説得プロセスに及ぼす影響. 日本教育工学会論文誌, 33(Suppl.), 33-36.
  35. 島田英昭・北島宗雄 (2009). マルチメディアマニュアルにおける画像,字幕,ナレーションの提示タイミングと分かりやすさの関係. 日本教育工学会論文誌, 33(2), 111-119.
  36. 島田英昭・天岩靜子・今田里佳・上村惠津子・川島一夫・高橋知音・田中敏・中西公一郎・村上千恵子 (2009). スクールカウンセラーのための心理学基礎用語999とその教育効果. 信州心理臨床紀要, 8, 53-68.
  37. 島田英昭・北島宗雄 (2008). 挿絵がマニュアルの理解を促進する認知プロセス−動機づけ効果と精緻化効果−. 教育心理学研究, 56(4), 474-486.
  38. 山本博樹・島田英昭 (2008). 高齢者の説明文記憶を支援する標識の明示性−体制化方略の変更とその所産の分析−. 教育心理学研究, 56(3), 389-402.
  39. 山本博樹・島田英昭 (2006). 手順文の記憶に及ぼす標識化効果の認知加齢メカニズム. 心理学研究, 77(3), 278-284.
  40. 島田英昭 (2005). 暗算処理における同数効果の説明モデル−真偽判定課題による妥当性の検討−. 認知科学, 12(4), 373-381.
  41. 島田英昭 (2005). 複数桁数の大小判断における上位2桁処理モデルの提案. 認知心理学研究, 3(1), 103-112.
  42. 荷方邦夫・島田英昭 (2005). 類題作成経験が類推的問題解決に与える効果. 教育心理学研究, 53(3), 381-392. CiNii(本文のダウンロード)
  43. 島田英昭 (2005). 暗算処理における反転問題の表象構造−プライミング技法を用いての検討−. 教育心理学研究, 53(1), 26-36. CiNii(本文のダウンロード)
  44. 島田英昭 (2003). 1桁の加法・乗法の暗算処理メカニズム−連合強度と干渉強度の2要因モデルによる検討−. 認知科学, 10(4), 509-527. J-STAGE(本文のダウンロード) / 実験デモ.exe
  45. 島田英昭 (2003). 暗算処理における和・積の自動的活性化−SOA,問題サイズ,演算記号提示の効果の検討−. 心理学研究, 74(4), 372-378. 実験デモ.exe
  46. 島田英昭・海保博之 (2003). 心的演算処理研究の諸問題とその議論. 筑波大学心理学研究, 25, 51-65. つくばリポジトリ(本文のダウンロード)
  47. 島田英昭・海保博之 (2000). 算数・数学教育研究に寄与する認知の科学の視点の抽出と吟味. 筑波大学心理学研究, 22, 85-92. つくばリポジトリ(本文のダウンロード)

著書・雑誌など

  1. 島田英昭 (2017). 情報通信技術(ICT)と学習. 日本児童研究所(監修)児童心理学の進歩Vol.56[2017年版], 金子書房, pp.xx-xx.(印刷中)
  2. 島田英昭 (2016). 認知心理学からみた『わかりやすいマニュアル』のデザイン手法. 技術情報協会(編)高齢者・アクティブシニアの本音・ニーズの発掘と製品開発の進め方, 技術情報協会, pp.479-486.
  3. 島田英昭 (2014). 時代が変わる,学校が変わる,若者が変わる,そして職場が変わる, 住民行政の窓11月号, 日本加除出版, pp.2-12.
  4. 島田英昭 (2014). 「お客様に合わせた説明」で満足度を高める, 月刊ガバナンス5月号, ぎょうせい, pp.44-46.
  5. 島田英昭 (2013). 「説明力を高めたい」―説明サービスの心理学, 保健師ジャーナル, 69(5), 340-344.(特集号編集)
  6. 島田英昭 (2013). わかりやすさとは何か. 篠原一光・中村隆宏(編)心理学から考えるヒューマンファクターズ, 有斐閣, pp.61-81.
  7. 島田英昭・海保博之 (2013). 認知科学の考え方. 田島信元・南徹弘(編)発達科学ハンドブック第1巻:発達心理学と隣接領域の理論・方法論, 新曜社, pp.270-276.
  8. 島田英昭 (2012-2013). 連載:Q&Aで知る生活実践心理学講座, 週刊長野.(全10回)
  9. 島田英昭 (2012). 読むことと書くことの関係. 福田由紀(編)言語力を育てる=言語心理学入門, 培風館, pp.166-177.
  10. 島田英昭・山本亮介 (2012). ヒットソングの歌詞を〈探る〉/〈創る〉 伏木久始(編)信州発・大学版「総合学習」の展開, 信州教育出版社, pp.38-46.
  11. 島田英昭 (2011). 説明サービスの認知心理学 生駒忍(編)ひろがる認知心理学, 三恵社, pp.16-25.
  12. 島田英昭 (2010-2013). 連載:わかりやすく伝える!―認知心理学のワザ, 月刊ガバナンス, ぎょうせい.(全36回)
  13. 島田英昭 (2010). わかりやすく説明する技術―認知心理学から考える, 月刊ガバナンス3月号, ぎょうせい, pp.47-49.
  14. 島田英昭 (2010). トップダウン処理とボトムアップ処理/三貯蔵庫モデル 海保博之他(編)感情と思考の科学事典, 朝倉書店, pp.138-139/150-151.
  15. 島田英昭 (2010). 音声・視覚コミュニケーションをわかりやすくする 海保博之(編)朝倉実践心理学講座 第5巻 わかりやすさとコミュニケーションの心理学, 朝倉書店, pp.108-127.
  16. 島田英昭 (2009). 学習と動機づけ. 服部環(監)安齊順子・荷方邦夫(編)「使える」教育心理学, 北樹出版, pp.47-61.初版第1刷正誤表.pdf
  17. 島田英昭 (2007). 被説明者の障害と支援. 比留間太白・山本博樹(編)説明の心理学, ナカニシヤ出版, pp.143-157.
  18. 島田英昭 (2006). 心理学実験で論文を書くときの注意点. 松井豊(著)心理学論文の書き方, 河出書房新社, pp.97-101.

学会発表

  1. 藤井善章・野池徹哉・小松賢吾・廣内大助・村松浩幸・島田英昭・田中敏 (2016). タブレット端末によるGISを用いた防災学習支援用ソフトウェアの開発.第42回全日本教育工学研究協議会全国大会. (10/14-15; 佐賀市文化会館・佐賀県青年会館)
  2. 島田英昭・鈴木俊太郎・田中江扶 (2016). 自律的英語学習者が持つ信念と動機づけ.日本教育心理学会第58回総会. (10/8-10; サンポート高松)
  3. 島田英昭・森下美帆・荷方邦夫 (2016). デザイン評価のレベルと二重過程理論の関係―文房具の口コミ評価による検討―.日本認知科学会第33回大会. (9/16-18; 北海道大学)
  4. Shimada, H. (2016). Factors determining students' class satisfaction level: A comparison among expectancy disconfirmation, alternative attractiveness, and self-image congruity. ICP2016; 31st International Congress of Psychology. (July 24-29; Yokohama, Japan)
  5. Muramatsu, H., Shimada, H., Tanaka, S., Hirouchi, D., Yatsuka, M., and Mizuguchi, T. (2016). Development of a disaster prevention education database based on the objectives taxonomy of disaster prevention education. International Conference on Industrial Technology Education for Sustainable Development in "Techonology Education,Engineering Education,TVET and STEM Education" (ICITR for SD-2015). (November 6-7; Kasugai, Japan)
  6. 島田英昭・平野友朗 (2015). メールの行間と箇条書きが主観的理解度に与える影響.日本心理学会第79回大会. (9/22-24; 名古屋国際会議場)
  7. 島田英昭 (2015). 公募シンポジウム企画者・話題提供者:二重過程理論の応用―教育,臨床,社会―.日本心理学会第79回大会. (9/22-24; 名古屋国際会議場)
  8. 島田英昭 (2015). オーガナイズドセッション企画者:二重過程理論と認知科学―無意識の行動選択・意識の役割―.日本認知科学会第32回大会. (9/18-20; 千葉大学)
  9. 島田和典・島田英昭・森山潤 (2015). 工業高校生の自己概念の変容からみる工業科教育の課題 ―入学段階の学習目標志向の影響力に着眼して―.日本産業技術教育学会第58回全国大会. (8/22-23; 愛媛大学)
  10. 渡辺隆一・友川幸・村松浩幸・島田英昭・西正明 (2015). 信州大学教育学部の必修授業「環境教育」の成果と課題.日本環境教育学会第26回大会. (8/21-23; 名古屋市立大学)
  11. Shimada, H. (2015). The effect of empathy on comprehension and attitude in text reading. CogSci 2015; Annual meeting of the Cognitive Science Society. (July 23-25; Pasadena, USA)
  12. 島田英昭 (2015). 二重過程理論とは?(フリー企画発表者、二重過程理論の臨床応用〜エビデンスに基づく“行動療法”と“新世代ブリーフ”〜).日本ブリーフサイコセラピー学会第25回大会. (7/18-20; 北星学園大学)
  13. Muramatsu, H., Nishizawa, T., Shimada, H., Tanaka, S., Hirouchi, D., Yatsuka, M., & Mizuguchi, T. (2015). Proposal of Disaster Prevention Learning in Junior High School Technology Education Based on Disaster Prevention Education Goal Taxonomy and Model. The 11th International Conference on Technology Education in the Asia Pacific Region. (January 3-5; Hong Kong)
  14. Ando, A., Shimada, H., Uematsu, E., Aoyagi, A. & Kawada, T. (2014). Practical usage of a web system for visualizing highlights and collecting evaluation comments on to online lecture videos. International Conference on Internet Technologies & Society 2014. (December 10-12; New Taipei City, Taiwan)
  15. Muramatsu, H., Shimada, H., Kumagaya, S., & Tanaka, S. (2014). Development of Association Recommend Function for a Cross-curricular Subject Education Database as an Example in Disaster Prevention Education. ICCE2014; The 22nd International Conference on Computers in Education. (November 30- December 4; 奈良)
  16. 島田英昭 (2014). 挿絵を含む教材の読解初期の動機づけ向上プロセス−視線計測による検討−.日本教育心理学会第56回大会. (11/7-9; 神戸国際会議場)
  17. 島田英昭 (2014). 共感が説明文の理解と態度に与える影響.日本心理学会第78回大会. (9/10-12; 同志社大学)
  18. 村松浩幸・西澤宏嘉・島田英昭・田中敏・廣内大助・谷塚光典・水口崇 (2014). "共創型"の防災教育モデルに基づいた中学校技術科での防災関連学習の提案.日本産業技術教育学会第57回全国大会. (8/23-24; 熊本大学)
  19. 眞壁豊・上松恵理子・岩居弘樹・安藤明伸・伊藤一成・島田英昭・松下慶太 (2014). デジタルネイティブの特徴の検討―大学生のワークショップの分析から.日本デジタル教科書学会2014年度年次大会. (8/16-17; 新潟日報メディアシップ/新潟大学教育学部附属新潟小学校)
  20. 眞壁豊・上松恵理子・岩居弘樹・安藤明伸・伊藤一成・島田英昭・松下慶太 (2014). デジタルネイティブの特長の分析と課題.日本デジタル教科書学会2014年度年次大会. (8/16-17; 新潟日報 メディアシップ/新潟大学教育学部附属新潟小学校)
  21. 安藤明伸・上松恵理子・島田英昭・青柳章大 (2014). オンライン授業動画へのコメントとハイライトを可視化する受講者参加型システムの開発.日本デジタル教科書学会2014年度年次大会. (8/16-17; 新潟日報メディアシップ/新潟大学教育学部附属新潟小学校)
  22. 安藤明伸・島田英昭・上松恵理子・青柳章大 (2013). クラウド型オンライン授業評価・コメントシステムの意義と設計.第31回日本産業技術教育学会東北支部大会/第16回モバイル学会モバイル研究会. (12/1; 宮城教育大学)
  23. 村上千惠子・鈴木俊太郎・島田英昭・久保田佳折・小川文 (2013). 教職志望学生における教職に関する不合理な信念の検討.日本心理学会第77回大会. (9/19-21; 札幌コンベンションセンター・札幌市産業復興センター)
  24. 島田英昭 (2013). 説明の満足度を規定する要因―期待一致,代替魅力,自己適合の要因の検討―.日本心理学会第77回大会. (9/19-21; 札幌コンベンションセンター・札幌市産業復興センター)
  25. 島田英昭 (2013). 二重過程理論からみた説明サービス(準備委員会企画シンポジウム「読み書き研究からの実践への道筋」話題提供).日本教育心理学会第55回大会. (8/17-19; 法政大学)
  26. 島田英昭・山下貴 (2013). 視線計測による読解プロセスの評価―リアルタイム評価に向けた心理学的研究―.日本デジタル教科書学会2013年度年次大会. (8/17-18; 大阪大学)
  27. 島田英昭・木内美恵子 (2012). 教員養成課程における実習系科目が教職志望意識に与える影響―半構造化面接と時系列的分析による検討―.日本心理学会第76回大会. (9/11-13; 専修大学)
  28. 湯山香織・島田英昭 (2012). 対人情報のカテゴリー化プロセスにおけるあいまいさ耐性の影響.日本心理学会第76回大会. (9/11-13; 専修大学)
  29. Shimada, H. (2012). Reassessing the motivation effect of illustrations in text comprehension. CogSci 2012; Annual meeting of the Cognitive Science Society. (August 1-4; 札幌)
  30. 鈴木俊太郎・島田英昭・村上千惠子 (2012). ソリューション・フォーカスト・ブリーフ・セラピーを経験した不登校サバイバー学校復帰プロセスのTEMによる検討.東北心理学会第66回大会新潟心理学会第49回大会合同大会. (7/14-15; 新潟大学)
  31. 島田和典・森山潤・市原靖士・島田英昭 (2011). 工業高校3年生におけるキャリア意識の変容―工業高校生の自己概念及び進路指導に焦点を当てて―.日本産業技術教育学会技術教育分科会第17回研究会. (12/18; 埼玉大学)
  32. 島田英昭・寺尾厚志・鈴木俊太郎・田中敏 (2011). 携帯読書端末の文字サイズと読みやすさ・わかりやすさの関係―拡大縮小機能の利用頻度に着目した検討―.日本教育工学会第27回全国大会. (9/17-19; 首都大学東京)
  33. 田中敏・宮本友弘・島田英昭・鈴木俊太郎 (2011). 質問文と回答欄のレイアウトの違いが回答しやすさと分析結果に及ぼす影響.日本心理学会第75回大会 (9/15-17; 日本大学)
  34. 山本博樹・島田英昭 (2011). 児童の構造方略に対する支援可能性と前提要因 (4)―効果過程を補償する前提要因― .日本心理学会第75回大会 (9/15-17; 日本大学)
  35. 湯山香織・島田英昭 (2011). あいまいさ耐性による対人不適応の生起プロセス―状況認知仮説と状況対処仮説の比較―.日本感情心理学会第19回大会・日本パーソナリティ心理学会第20回大会合同大会. (9/2-4; 京都光華女子大学)
  36. 島田英昭・伊藤冬樹 (2011). 教員養成系大学生の理科専門知識の必要性に関する信念の評価.日本教育心理学会第53回大会. (7/24-26; 北海道立道民活動センターかでる2・7)
  37. 島田英昭・林靖人 (2010). 地域名の付加が地域ブランド商品の購買意欲に与える影響.日本認知科学会第27回大会. (9/17-19; 神戸大学)
  38. 荒井麻紀子・島田英昭 (2010). 環境性の訴求表現における理解への動機づけを高める要因.日本認知科学会第27回大会. (9/17-19; 神戸大学)
  39. 山本博樹・島田英昭 (2010). 児童の構造方略に対する支援可能性と前提要因―読み時間に基づく考察―.日本教育心理学会第52回大会. (8/27-29; 早稲田大学)
  40. 島田英昭 (2010). シンポジウム司会者:児童・生徒における教材学習のつまずきと支援―支援ニーズをくみ取る論理と方法論―.日本教育心理学会第52回大会. (8/27-29; 早稲田大学)
  41. Shimada, H. (2010). Knowledge about the role of illustrations on motivation for reading. CogSci 2010; Annual meeting of the Cognitive Science Society. (August 11-14, Portland, USA)
  42. 島田英昭 (2010). 挿絵と文章の関連性がマニュアル読解の動機づけに及ぼす影響.日本認知心理学会第8回大会. (5/29-30; 西南学院大学)
  43. Shimada, H. (2010). Acceptable round-off for presenting numerical data. 8th Tsukuba International Conference on Memory. (March, 29-31, Tsukuba) abstract.pdf
  44. 島田英昭 (2009). 数値情報が防災マニュアルの説得プロセスに及ぼす影響.日本教育心理学会第51回大会. (9/20-22; 静岡大学) 発表要旨.pdf/発表ポスター.pdf
  45. 島田英昭 (2009). シンポジウム話題提供者:児童・生徒の支援ニーズから組み立てる教材学習の支援―改めて「支援ニーズ」とは何か―.日本教育心理学会第51回大会. (9/20-22; 静岡大学) 発表スライド.pdf
  46. 島田英昭 (2009). 概数の大小判断におけるゼロの認知プロセス.日本認知科学会第26回大会. (9/10-12; 慶応大学) 発表要旨.pdf/発表ポスター.pdf
  47. 島田英昭・荷方邦夫 (2009). SD法を用いた授業満足度の感性評価.第11回日本感性工学会大会. (9/8-10; 芝浦工業大学) 発表要旨.pdf/発表ポスター.pdf
  48. 島田英昭 (2009). マニュアル読解における挿絵の役割に関する知識が動機づけに及ぼす影響.日本心理学会第73回大会. (8/26-28; 立命館大学) 発表要旨.pdf/発表ポスター.pdf
  49. Shimada, H. (2009). Motivation effect of instructional manuals. CogSci 2009; Annual meeting of the Cognitive Science Society. (July 29-August 1, Amsterdam, Netherlands) 発表要旨.pdf/発表ポスター.pdf
  50. 島田英昭 (2009). タイトル、挿絵、写真がマニュアル読解の動機づけに及ぼす影響.日本認知心理学会第7回大会. (7/19-20; 立教大学) 発表要旨.pdf/発表ポスター.pdf
  51. 小谷由佳・今田里佳・島田英昭 (2008). 他者からの要求諾否に関わる要因の検討.日本教育心理学会第50回大会. (10/11-13; 東京学芸大学) 発表要旨.pdf
  52. 石田有馬・今田里佳・島田英昭 (2008). 感情の教示文脈が表情表出に及ぼす影響.日本教育心理学会第50回大会. (10/11-13; 東京学芸大学) 発表要旨.pdf
  53. 島田英昭 (2008). 数値情報の提示精度と分かりやすさの関係.日本心理学会第72回大会. (9/19-21; 北海道大学) 発表要旨.pdf/発表ポスター.pdf/発表論文集・ポスターの修正.pdf
  54. 島田英昭・北島宗雄・奈良雅子・佐藤滋 (2008). 教授支援のための教師の専門的知識に基づく問題選択システム:教師からの知識の抽出方法.ヒューマンインタフェースシンポジウム2008. (9/1-4; 大阪大学) 発表要旨.pdf/発表ポスター.pdf
  55. Kitajima, M., Toyota, M., & Shimada, H. (2008). The Model Brain: Brain Information Hydrodynamics (Bih). CogSci 2008; Annual meeting of the Cognitive Science Society. (July 23-26, Washington, DC, USA) 発表ポスター.pdf/発表ポスター.jpg
  56. Toyota, M., Kitajima, M., & Shimada, H. (2008). Structured Meme Theory: How is Informational Inheritance Maintained? CogSci 2008; Annual meeting of the Cognitive Science Society. (July 23-26, Washington, DC, USA) 発表ポスター.pdf/発表ポスター.jpg
  57. 島田英昭・北島宗雄 (2007). マルチメディアマニュアルにおける視覚的手がかりの提示タイミングと分かりやすさの関係.日本心理学会第71回大会. (9/18-20; 東洋大学) 発表要旨.pdf/発表ポスター.pdf
  58. 山本博樹・島田英昭 (2007). 高齢者における説明文記憶の方略変更を支援する標識の明示性.日本教育心理学会第49回大会. (9/15-17; 文教大学) 発表要旨.pdf
  59. 島田英昭・北島宗雄・奈良雅子 (2007). 日常生活の時空間的情報を利用した防災マニュアルの提案.日本教育心理学会第49回大会. (9/15-17; 文教大学) 発表要旨.pdf/発表ポスター.pdf
  60. 島田英昭・北島宗雄 (2007). 挿絵がマニュアル読解の動機づけに及ぼす影響の視線計測による検討.日本認知科学会第24回大会. (9/3-5; 成城大学) 発表要旨.pdf/発表ポスター.pdf
  61. Kitajima, M., Shimada, H., & Toyota, M. (2007). MSA: Maximum Satisfaction Architecture - A Basis for Designing Intelligent Autonomous Agents on WEB 2.0. CogSci 2007; annual meeting of the Cognitive Science Society. (August 1-4; Nashville, USA) 発表要旨.pdf/発表ポスター.pdf
  62. Shimada, H. & Kitajima, M. (2007). Motivation Effect of Illustrations in Text Comprehension: An Eye-tracking Study. CogSci 2007; annual meeting of the Cognitive Science Society. (August 1-4; Nashville, USA) 発表要旨.pdf/発表ポスター.pdf
  63. Shimada, H., Kitajima, M., & Nara, M. (2007). A Proposal for Disaster Evacuation Manuals that Consider Spatial-Temporal Structure of Learner's Everyday Life. 12th International Conference on Human-Computer Interaction. (July 22-27; Beijing, China) 発表要旨.pdf/発表ポスター.pdf
  64. 島田英昭・北島宗雄 (2007). マルチメディアマニュアルにおける字幕の提示タイミングと分かりやすさの関係.日本認知心理学会第5回大会. (5/26-27; 京都大学) 発表要旨.pdf/発表ポスター.pdf
  65. Shimada, H., Kitajima, M., Jaidee, B., Mitsamarn, N., Junnatas, S., & Phantachat, W. (2007). Scenario-based Multimedia Manual Authoring and Presentation System and its Application to Tsunami Evacuation Manual for Phuket. International Conference on Tsunami Preparedness of Persons with Disabilities. (January 11-12; Phuket, Thailand) 発表要旨.pdf/発表要旨の修正.txt
  66. 島田英昭・北島宗雄 (2006). 手順学習用マルチメディアマニュアルの作成を支援するオーサリングツールの開発.第32回感覚代行シンポジウム. (12/4-5; 東京・産業技術総合研究所臨海副都心センター) 発表要旨.pdf/発表要旨.html/発表スライド.pdf
  67. Kitajima, M. & Shimada, H. (2006). IT Utilization for Persons with Cognitive or Intellectual Disabilities. Fourth Japan-Thailand Collaboration Workshop 2006. (November 14; Tsukuba, Japan)
  68. 島田英昭・北島宗雄 (2006). マルチメディアマニュアルにおける画像,字幕,ナレーションの提示タイミングと分かりやすさの関係.日本心理学会第70回大会. (11/3-5; 福岡・福岡国際会議場) 発表要旨.pdf/発表ポスター.pdf
  69. 島田英昭・北島宗雄・奈良雅子 (2006). SMMAPSによる小学校新入生の通学路の学習教材の作成と評価.ヒューマンインタフェースシンポジウム2006. (9/25-28; 倉敷・倉敷アイビースクエア) 発表論文.pdf/発表ポスター.pdf/デモビデオ.html
  70. 島田英昭・北島宗雄 (2006). マルチメディアマニュアルにおける画像情報とテキスト情報の提示タイミングと分かりやすさの関係.日本教育心理学会第48回大会. (9/16-18; 岡山・岡山コンベンションセンター) 発表要旨.pdf/発表ポスター.pdf
  71. 山本博樹・島田英昭 (2006). 手順文の記憶に及ぼす標識化の効果―認知加齢メカニズムの検証―.日本教育心理学会第48回大会. (9/16-18; 岡山・岡山コンベンションセンター) 発表要旨.pdf
  72. 北島宗雄・島田英昭 (2006) 事前学習のためのマルチメディアマニュアル作成・提示システム.第4回生活支援工学系学会連合大会. (9/11-13; 野田・東京理科大学) 発表要旨.pdf/発表スライド.pdf/デモビデオ.html
  73. 島田英昭 (2006). 複数桁数の大小判断における二重心的数直線モデルの計算モデル化.日本認知科学会第23回大会. (8/2-4; 名古屋・中京大学) 発表要旨.pdf/発表ポスター.pdf
  74. 島田英昭・北島宗雄 (2006). 文章理解における挿絵の動機づけ効果と精緻化効果.日本認知心理学会第4回大会. (8/1-2; 名古屋・中京大学) 発表要旨.pdf/発表要旨の修正.txt/スライド.pdf
  75. Shimada, H. & Kitajima, M. (2006). Why Do Illustrations Promote Text Comprehension? Motivation Effect and Elaboration Effect. 5th International Conference of the Cognitive Science. (July 26; Vancouver, Canada) 発表要旨.pdf/ポスター.pdf
  76. Shimada, H. & Kitajima, M. (2006). SMMAPS: Scenario-based Multimedia Manual Authoring and Presentation System and its Application to a Disaster Evacuation Manual for Special Needs. CHI2006 Conference on Human Factors in Computing Systems. (April 22-27; Montreal, Canada) paper.pdf/poster.pdf
  77. Shimada, H., Masakura, Y., Nagai, M., Kumada, T., Seki, Y., Nara, M., & Kitajima, M. (2006). SMMAPS: Scenario-based Multimedia Manual Authoring and Presentation System and its Application to a Disaster Evacuation Manual for Special Needs. International Workshop on Disaster Preparedness of Persons with Disabilities. (January 17, 19-20; Tokorozawa, Japan)
  78. 島田英昭・政倉祐子・永井聖剛・熊田孝恒・関喜一・奈良雅子・北島宗雄 (2005). マルチメディアを利用した理解しやすい防災避難マニュアルのデモ版の作成とその心理学的基盤. 第3回生活支援工学系学会連合大会. (12/8-9,津・三重県総合文化センター) 発表要旨.pdf/発表スライド.pdf
  79. 島田英昭・北島宗雄・政倉祐子・永井聖剛・熊田孝恒・関喜一・奈良雅子 (2005). マルチメディアを利用した理解しやすい防災避難マニュアルのデモ版の作成とその応用可能性. 第31回感覚代行シンポジウム. (12/5-6,東京・産業技術総合研究所臨海副都心センター) 発表要旨.pdf/発表要旨.html/発表スライド.pdf
  80. 政倉祐子・永井聖剛・熊田孝恒・島田英昭・関喜一・奈良雅子・北島宗雄 (2005). 防災避難マニュアルの内容理解を促す注意喚起効果に関する心理学的検討. 第31回感覚代行シンポジウム. (12/5-6,東京・産業技術総合研究所臨海副都心センター) 発表要旨.pdf
  81. 島田英昭・北島宗雄 (2005). SMMAPS: 障害者の個人特性に応じた情報提示システム. ヒューマンインタフェースシンポジウム2005. (9/15-17,藤沢・慶応大学) 発表論文.pdf/発表スライド.pdf
  82. 島田英昭・乙部貴幸 (2005). 外税表示からの消費税額の見積もり過程. 日本心理学会第69回大会. (9/10-12,東京・慶応大学) 発表要旨.pdf/発表ポスター.pdf
  83. 島田英昭・北島宗雄 (2005). 災害避難のメンタルモデル:認知・知的障害者の認知特性に合わせた災害準備情報の教示法. 日本認知科学会第22回大会. (7/29-31,京都・京都大学) 発表要旨.pdf/発表ポスター.pdf
  84. Shimada, H., Kitajima, M., & Morikawa, O. (2005). VARAMM: Mental model of remote communication. 11th International Conference on Human-Computer Interaction. (July, 22-27, Las Vegas) paper.pdf
  85. 島田英昭・森川治・北島宗雄 (2005). HyperMirrorにおける自己像の認知が対話の質に与える影響. 日本認知心理学会第3回大会. (5/28-29,金沢・金沢大学) 発表要旨.pdf/発表ポスター.pdf
  86. Shimada, H. (2005). Existence of different modules on effects of congruity and compatibility in two-digit number comparison. 6th Tsukuba International Conference on Memory. (March, 13-15, Tsukuba) abstract.txt/poster.pdf
  87. Shimada, H., Ishimatsu, K., Kitajima, M., Kumada, T., Seki, Y., & Saida, S. (2005). Development of presentation method suiting cognitive abilities of persons with cognitive or intellectual disabilities. International symposium on disaster preparedness of persons with disabilities; The role of information and communication technologies. 発表スライド.pdf
  88. 島田英昭・森川治・北島宗雄 (2004). メンタルモデルに基づく遠隔対話行動の説明. ヒューマンインタフェースシンポジウム2004. 発表要旨.pdf/発表スライド.html
  89. 島田英昭・井関龍太 (2004). 検索誘導忘却における抑制量に及ぼす非検索項目数の効果. 日本心理学会第68回大会. 発表要旨.pdf/発表ポスター.pdf
  90. 島田英昭・田中健介 (2004). 内集団意識が広告情報の精緻化に及ぼす影響. 日本認知科学会第21回大会. 発表要旨.pdf/発表ポスター.pdf
  91. 島田英昭 (2004). 日常における自然数の大小比較の認知過程. 日本認知心理学会第2回大会. 発表要旨.pdf/発表ポスター.pdf
  92. Shimada, H. (2004). An examination of dual mental number line model by using single- and double-digit number comparison task. 5th Tsukuba International Conference on Memory. abstract.txt/発表ポスター.pdf
  93. 島田英昭 (2003). 複数桁数の大小比較判断における上位2桁処理モデルの提案とその証拠. 日本心理学会第67回大会. 発表ポスター.pdf/発表要旨.pdf
  94. 島田英昭 (2003). 複数桁数の2桁概数表象−大小比較判断課題による検討−. 日本認知心理学会第1回大会. 発表ポスター.pdf/発表要旨.pdf
  95. 島田英昭 (2003). 1桁の加法・乗法の真偽判定課題における同数効果の生起因. 日本認知科学会第20回大会. 発表ポスター.pdf/発表要旨.pdf
  96. Shimada, H. & Iwata, Y. (2003). Structure of representations of commutative problems in mental arithmetic: An examination by priming paradigm. 4th Tsukuba International Conference on Memory. 発表ポスター.pdf
  97. 島田英昭 (2002). 同数効果はなぜ起こるのか. 日本心理学会第66回大会. 発表ポスター.pdf/発表要旨.pdf/ 実験デモ.exe
  98. Shimada, H. (2002). Why does the tie effect occur? Structural interference approach to single-digit addition and multiplication. 3rd Tsukuba International Conference on Memory. 発表ポスター.pdf/実験デモ.exe
  99. 島田英昭 (2001). 1桁の加法・乗法の暗算処理を支える記憶の性質−真偽判定課題による検討−. 日本心理学会第65回大会.
  100. 島田英昭 (2001). 1桁の加法・乗法の暗算処理を支える記憶の性質−問題と答えの連合の強さの検討−. 日本教育心理学会第43回大会. 実験デモ.exe
  101. 島田英昭 (2000). 暗算過程における和・積の自動的活性化.日本教育心理学会第42回大会. 実験デモ.exe
  102. Shimada, H. (2000). Single-digit multiplication performance in Japanese adults: Assessing the problem size effect. The 24th Conference of the International Group for the Psychology of Mathematics Education.

その他

  1. 島田英昭 (2004). 加法・乗法の暗算処理過程の認知科学的研究. 筑波大学大学院博士課程心理学研究科博士論文(未公刊).
  2. 島田英昭 (2001). 加法・乗法の暗算処理を支える記憶の特性とそのモデル化. 筑波大学大学院博士課程心理学研究科中間論文(未公刊).