島田英昭の研究テーマと研究室

専門分野

専門は認知心理学、教育心理学、教育工学です。


研究テーマ

「説明」を主なテーマとして、研究に取り組んでいます。

説明のわかりやすさ

説明の中でもっとも重要な要素は、「説明のわかりやすさ」です。認知心理学はこれまでに、人間の情報処理の様々な特徴を明らかにしてきました。この知見を応用し、「わかりやすい説明の原則」を、実践的に使える形で提案しています。

わかりやすさ以外の説明の価値

説明の価値は、わかりやすさだけでは不十分です。たとえば、「知りたい」という受け手の動機づけが低ければ、いくらわかりやすく説明しても、わかってもらえません。また、説明の内容がすばらしくても、受け手の期待に添わない説明であれば、満足感は高まりません。さらに、世の中の説明がいつでもわかりやすいとは限りませんから、学校のような学びの場では、「わかりにくい説明から自分に必要な情報を引き出す」といったスキルをつけることも考えなければなりません。このように、説明の改善には、わかりやすさ以外にも様々な観点を考慮する必要があります。

現在は、具体的に次のような研究を行っています。

  • マニュアルや取扱説明書、教材などのわかりやすさ、読むことへの動機づけについて、視線計測技術(目で見ているものをリアルタイムに記録する技術)を用いて研究しています。
  • 「受け手が満足する説明」に求められる条件を明らかにしています。大学の授業評価を事例として検討しています。
  • 「共感」と説明のわかりやすさ、説得力の強さの関係について検討しています。

その他のテーマ

その他、さまざまな分野の研究者・実践者との協働プロジェクトを立ち上げ、認知心理学の観点から貢献を目指しています。


研究室

方針

以下の方針を持っています。

  • テーマは自由に設定してもらいます。私自身のテーマとの関連は問いません(もちろん、関連するテーマも歓迎します)。研究をするプロセスの中で、大いに創造性を発揮してください。
  • 自発的に研究を進めてもらいます。1〜2年という長期的なスパンで、展望を持って、計画的に物事を進める経験をしてほしいと思います。
  • 学生時代は失敗してもかまいません。失敗を次に生かすことができれば、失敗した方がむしろ学ぶことが多いと思います。

メンバー

  • 大学院2年生1名
  • 大学院1年生1名
  • 学部4年生3名
  • 学部3年生2名

テーマ例

  • 説明
  • デジタル教材
  • 動機づけ
  • 共感
  • 説得
  • 道徳

大学院を受験したい方へ

信州大学教育学研究科心理科では、心理学の研究をしたい優秀な大学院生を募集しています。研究テーマについては、心理科の教員は基礎から応用まで幅広い専門分野を持つので、たいてい受け入れることができると思います。進学相談を随時行っていますので、お気軽にご相談ください。詳しくは、信州大学教育学部心理科のページ(http://psychology.shinshu-u.ac.jp/)をご参照ください。

私が指導教員の場合、テーマは自由に設定してもらいます。入学してからテーマを決定しても構いません。私を指導教員にしたい場合、入学後のミスマッチを避けるため、事前にご相談いただくことをお勧めします。